駿河湾名産の桜えび・しらすなど海産物の販売 駿河府中「大滝商店」

メールで問い合わせ
電話
トップ > 大滝商店 店主のこだわり

桜えびの豆知識

桜えびは、世界の中でも静岡県の駿河湾でしか獲れない、学術的にも貴重な一年生(一年で一生を終える)のエビです。
なぜ駿河湾でしか生まれないのかは今でも研究中ですが、 一説には、大井川・富士川・天竜川という静岡県の三大清流が育てる特殊なプランクトンを餌にしているからだと言われています。
桜えび漁の起源は明治時代。漁師が浮き樽(カンタ)を積み忘れたため、カンタなしのままに普段よりも数百メートル深い棚に網を投げ入れたところ、大量の桜えびが揚がったところから桜えび漁が始まったと伝えられています。現在では桜えびの乱獲を防ぐため、三月末から六月上旬までの春の成魚漁と十月末から十二月下旬までの秋の稚魚漁の、年二回の漁が行われております。 
豊富なカルシウム・タンパク質・グルタミン酸に加え、タウリン、DHAが豊富に含まれております。

→ 「桜えび漁から製品になるまで」を写真で見る


桜えびの加工について

桜えびは漁協から運ばれてすぐ、素干し作業に入ります。年間の日照時間が全国でもトップクラスの静岡県ならではの加工方法です。日光に当たることによって、桜えびの栄養素も急激に増し、独特の香り・風味・甘みが強くなっていきます。
大滝商店の「桜えび素干し」は特に香り・色・風味を強くする干し方をしているため、保存は室温ではなく必ず冷蔵庫でお願いしております。その後は釜揚げ作業に入ります。
2~3%ほどの食塩を入れた熱湯で茹でることにより、「釜揚げ桜えび」には生の桜えびにないコクや旨みが加わります。


台湾産の桜えびについて

近年、桜えびの漁獲量減少による価格の急激な高騰によって、駿河湾産の半値程度の「台湾産」の桜えびを販売するお店が静岡でも増えてまいりました。
当店にも、「静岡で桜えびを買ったのに、裏の表示を見たら産地が台湾産と書いてあってガッカリした」というお客様の声がたくさん集まっております。残念ながら現在、台湾産のものであっても商品名として「桜えび」の名前を使うことが許可されているため、何も対応ができないことが現状です。大滝商店は、静岡で桜えびを扱う者として当然、駿河湾産の桜えびに拘り続けることが責務と考え、台湾産の桜えびは一切扱っておりません。安心してお買い求めください。


しらすについて

大滝商店は桜えびだけでなく、「釜揚げしらす」の品質についても「身がきめ細かく、魚臭さもまったくない」とお褒めいただいております。
私自身、幼少の頃からしらすが大好きでよく食べていたので、釜揚げしらすには人一倍こだわりがあります。
身の大きいしらすは鰯に近くなるために色も薄黒くなり、魚の風味が強いです。神奈川の湘南や、和歌山のしらすなどがその傾向にあります。こちらは、プリプリとした食感と、口中に広がる魚の風味が特徴です。
大滝商店では、フワッと淡雪のように食べられる静岡のしらすを、是非、全国の皆さまにご賞味いただきたいと、お客様に驚かれるほど細かいしらすをメインに扱っております(ただし、漁獲期によって身質は変わりますのでご了承くださいませ)。


〒420-0801
静岡市葵区東千代田一丁目20番49号
TEL 054-262-8556 FAX 054-262-8633

メールでのお問い合わせ
トップページへ
桜えび駿河府中「大滝商店」

  • 桜えび屋さん大滝商店のブログ
  • 大滝商店 店主のこだわり
  • 特選レシピ集
  • 取扱店舗一覧